BLOG

無垢材の魅力

2021.11.10

こんにちは、広報の西川です(^^)/

今日は人気の無垢材の魅力についてお話したいと思います!


無垢材ってそもそもどんな素材?

無垢材は見た目が美しいだけではなく、生活する上で嬉しいメリットがいくつかあります。シックハウス症候群に悩んでいる方や、快適な住空間にこだわりたい人にはおすすめできる要素ばかりです。ここでは、無垢材の特徴について詳しく解説します。

見た目に美しさがある

無垢材のメリットは見た目に美しさがあることです。一般的なフローリングは合板フローリングと呼ばれ、表面に塗装やプリントされたものが多いでしょう。そのため仕上がりがどうしても単調となりのっぺりした印象になります。

これに反して無垢材のフローリングは質感がしっかりとしており、自然素材だからこその、あたたかな風合いが特徴です。自然素材のため、ひとつひとつの表情が異なり、それが印象の違いをつくります。

シックハウス症候群に強い

自然素材である無垢材のメリットは、合板フローリングのように化学物質を含んでいないため、シックハウス症候群になりにくいということです。近年ではシックハウス症候群が話題になったことなどから、合板フローリングに含まれる化学物質の量は減少していますが、それでも喘息やアレルギーを持っている人の場合は、健康に重大な影響を与えかねません。無垢フローリングの住宅であれば、そのようなリスクを大幅に減らせるでしょう。

また樹種素材によってその素材特有のメリットもあります。たとえばヒノキなどの素材でえあれば殺菌成分があるので、カビやダニ、菌の繁殖を抑える特徴があり、快適に過ごしやすくなります。

足触りがよく温度や湿度を調整してくれる

無垢材の魅力は足触りがよく、温度や湿度を調整してくれることです。合板フローリングの場合、多くはひやっとした硬い足触りのものが多いでしょう。無垢材の場合、自然素材だからこその木の肌触りが感じられます。柔らかい素材も多く、子どもや高齢者の方が歩くときに負担をかけません。

また温度や湿度を調整してくれることも特徴です。湿度が高ければ木が湿気を吸収し、逆に低ければ放出します。気温が高ければは木が熱を吸収し、寒い場合は溜めた熱を放出します。このような点から、快適な環境で過ごしやすいのが、無垢材の魅力です。

時間が経過すると、より味わい深い色に

無垢材の魅力は経年変化で味わい深さが生まれることです。一般的な合板フローリングの場合、時間の経過でフローリングの塗料が傷み、ひび割れや色あせが生じます。無垢材の場合は、年月の経過で色が変化しますが、それが劣化という印象を与えません。新しい無垢材では出せない、深みのある色に変化します。

LIFE COLUMN

家づくりに役立つ情報を【ライフコラム】として随時アップしていきます♪

LIFE COLUMN

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!
ご相談を心からお待ちしております。

CONTACT